【廃用症候群】←このワードの意味を知っていますか?


ご高齢の方と一緒に暮らしている。身内の介護の経験がある。

そんな方は聞いたことのあるワードかもしれません。


長期の安静状態や、運動量の低下によって身体機能が低下してしまうことです。

身体を動かさない状態が長く続くと、


関節、筋肉、内臓系に良い影響を与えません。


主に、

○筋肉が萎縮する

○関節が拘縮する(動きにくくなる)

○骨が脆くなる

○心臓の機能が低下する

○精神的に落ち込む(うつ傾向になる)


こんな症状があります。



それは入院した経験のある【高齢者】だけがなるものではありません。


最初に言った通り、

【運動不足】


であれば、何歳でもなりかねないのが廃用症候群なんです。

今、運動不足の自覚がある方はすぐにでも動いた方がいい!



ただ、その運動不足が

•どこかが痛いから

•日常生活でやたら疲れて運動のする余裕がないから


が理由であれば、運動をする気にもなれないですよね?


その疲れや痛み、我々にお任せいただけませんか?


まず、運動のできる身体を準備しましょう!!



当店在籍トレーナーは、病院のリハビリ〜トレーナーとしての活動を通して、

10〜100歳近くの方と言った幅広い年代に対応し、目標達成に寄り添ってきました。


その中でも「運動をしたくてもできない。」

と辛い思いを多く聞いてきたのも事実です。



そんな思いを抱えている方達の一助になれれば、と思いこの記事を書きました。


【生涯健康であるために】、今や運動は必須です。



是非ご相談下さい!